主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【ぼくが母のもとに授けられたわけ】

https://www.instagram.com/p/Bdzw2Jpj1MQ/

2018年1月11日

 

昨日の午後、森を見渡せる席を陣取って、老健/居宅2名のケアマネジャーとの面談が設けられた。この先、二タ月ほどの期間について、母の帰宅スケジュールおよび介護支援サービス選択を確認しあった。

 

場の空気といい、職員の皆さんの雰囲気といい、ここは相当に居心地のいいところである、と、面談のあいだ、ずっと考えていた。面談の最後に

 

「何か質問や不安なことはございますか?」

 

と促されたされたので、

 

「この先の施設に移った場合に、ここで感じている居心地の良さを覚えられるか心配です」

 

と、素直に気持ちを届けた。

 

無論、それは解決のしようのないことなのだけれど、今が、母に、そしてぼくにとってあまりに穏やかな日々ゆえに、自ずと不安を募らせてしまう。

 

これまで、居宅介護支援のケアマネジャーをお願いしたときも、そして老健に移ってきたときも、事前に面談の時間を設けられる猶予がなかったため、まさに「飛び込み」で頼った状態からだったのだが、いずれも頼れる方々に担当していただけたのは、何より幸運なことだったと、今になって強く感じるようになった。

 

この先の一手は、原則的に、最後の一手になる。否が応でも、慎重にならざるを得ない。

 

この5年のあいだに積み重ねてきた「母との選択」だけに限らず、これまでの自分に関わるすべての選択で学んできたように、思い残しのないようにしたい。

 

 

──母の生を完遂させるために──

 

 

そのお手伝いをするのが、ぼくが母のもとにやってきた理由のひとつだろうから。

 

 

──誰も知らない今日をゆく──

 

 

この心の揺らぎは、収まる術を知らない。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #ケアマネジャー #面談 #居宅介護支援 #川瀬浩介