主夫ロマンティック

独身中年男子=川瀬浩介の介護録──母が授けてくれたこと

【今夜もまた、いつか母と見上げた天井を見つめて】

https://www.instagram.com/p/BfLXbVujvLs/

2018年2月14日

 

21時──。

 

気を遣っているのだろうか?

 

いつもの施設での就寝時間になると、母は「そろそろ寝るわ」と言ってベッドに案内するよう求めてきた。

 

立ち上がりはもちろん、今では一歩脚を出すことが困難になってきている。居間からベッドまで、わずか数メートルの移動がとてもながく思えた。

 

母を寝かしつけると、一気に疲れが回り出した。今の母の状態では、起き上がることさえ介助がいるだろう。ベッドにいる間に仕事をと思ったが、明日の通院付添いに備えて、ぼくも少しでも身体を休めておくことにした。

 

今夕、ヘルパーさんに母をおんぶして登ってもらった階段に腰掛け、天井を見上げながらひと息…。

 

介護が始まったばかりのころ、よくここでふたり動けなくなって天を仰いでいた。母の急な弱りように、ぼくはただただ慄くばかりだった。

 

 

──あれからもうじき6年になる──

 

 

どうりで疲れやすいわけだと、あの日の景色を思い浮かべながら重い腰を上げ、自分の寝室へ向かった。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #男の料理 #料理男子 #料理中年 #作り置き #川瀬浩介