主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【次があると信じて──またね】

https://www.instagram.com/p/BgAFTPMDf-J/

2018年3月7日

次に逢うまでは、これが最後──。

いつだってぼくは、そう思い浮かべながら、「またね」と口にしている──次が必ずあると信じて。

そんなぼくの心の揺れを母は察したのか、甘いもの満載の朝食を終えると、珍しくぐずり始めた。


「施設に帰りたくない」


事故や怪我、病気が続いたこの5年半の間に、母の感情は薄まっていった。まるであらゆる痛みや苦痛から逃れるように…。

ケアマネジャーとの面談で「今月の目標を立てましょう」と促されても


「やりたいことはすべてやった。やり残しなし」


と、いつもの決め台詞を放っては、ひとり嬉しそうに高笑いするばかりだった。

そんな母が、今朝、「帰りたくない」と、要望を口にした。話したことはすぐに忘れてしまうことも多いのだけれど、今日の希望は憶えていてくれるだろうか?

いつか、そんなときが訪れたら、また、ここで暮らそう。


──明日のことは、誰も知らない──


思いもよらなかった明日を、引き寄せるから。

もう少しだけ、待っててね。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #男の料理 #料理男子 #料理中年 #オムレツ #願い #川瀬浩介