主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【カロリーアップしたクリームチーズのディップ】

f:id:kawasek:20180721031519j:image

2018年7月20日

Zoneに入った──。

映画《ストーカー》のセリフではない。

クッキング・ハイである。こうなると、暴走が止まらない。

明るくなるまで、5〜6品作り出すようなことのないように、今夜は、クリームチーズのディップだけ作ることにした──しかも初めて──パルメザンチーズ、卵黄、大葉などを混ぜるだけのつもりだったが、どうもしっくりこない味にしかならない。

シナモン、パプリカ、バニラエッセンス…。


「そうだ! にんにくだよ!」


と思いついて入れてみるも、やはりピンと来ず…。

ナッツをクラッシュして混ぜ込む──食感は向上するが、いまいちときめかない。

旨味を入れたら解決しそうだが、粉末スープしか手元にない。


「アンチョビ…いや、ツナ缶でも美味しそう」


と気づいたところで、これは何を味わうためのディップだったのか? と、そっと我に帰った。


Zoneから遠のく──。


またパンを作ってしまいそうな予感…。いや、都合のいい言い訳を自ら拵えてしまった。


──イケナイ──


今夜たくさん作り置いた野菜に固めて味わえば、きっと美味しい。


そう言い聞かせて、今夜のZoneに別れを告げた。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #母 #特養 #入居中 #川瀬浩介 #元介護者 #男の料理 #料理男子 #料理中年 #作り置き