主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【真夏の或る日に】

f:id:kawasek:20180722210608j:image

2018年7月22日

お伺いするのに、4年もの時間がかかってしまった。

かつて横浜みなとみらい地区にあった巨大シェアスタジオ=ハンマーヘッドスタジオ 新・港区の建築設計部(そんな名前の部署も部活も存在していたはずもないが)のみなさんが2014年に手掛けられた、東京・上野毛にあるフレンチレストラン「トワ・プティ・ルー」でランチをいただく。

お店の方には、会計時にスタジオのことを伝えるつもりだったが、オーダー前、テーブルでの客人との会話で「ハンマーヘッド」というワードが既にでていたので、マダムからお声掛けいただき、自然のその話題になった。

ランチコースは、お手軽な値段で前菜、メイン、デザートまでいただける。

夏の暑さを和らげてくれる冷凍スイカを入れたトマトの冷製スープを中心にした前菜──。
焼き上げた豚肉をトマトソースでトロける寸前まで煮込んだメイン──。
そして極め付けは、シェフの「おばあちゃんのレシピ」だという、バケットを使ったフレンチトースト(言うまでもなく現地ではそうは呼ばない)──。

いわゆる日本の食卓でも味わえるそれとはまったく次元が異なる味わいだった。オレンジのジャムが練りこまれていて。添えられた冷凍バナナやイチジクと合わせていただくと、酸味と甘味が抜群のバランスで味わえる。

美味しい料理を頬張りながら、スタジオの面々が手掛けた内装のこだわりなどを伺い、会話も弾んだ。


──日曜日の素敵な午後──


外に出ると、入店時には気づかなかった涼風が店前の路地を駆け抜けていた。


「ここはいい風が通るんですよ」


愛嬌の満点のマダムがそう教えてくれた。

この風に乗って、どこか思いもよらない明日にたどり着けたら…そんなことをふと感じた。


──えっ? 誰と行ったかって?──


もちろん、それは、ナイショ(ニコ)


#ハンマーヘッドスタジオ #ハンマーヘッドスタジオ新港区 #上野毛 #トワプティルー #TroisPetitsLoups #フレンチ #今夜のディナーは満席らしい