主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【ココニイル】

https://www.instagram.com/p/Bhzcj-QlD0z/

2018年4月21日

東京からの指令に待機しつつ、灯りをつけたまま携帯電話を握り締め布団に横になっていると、案の定、眠ってしまったらしい。

風呂でよっぽど身体が温まったのだろう。今夜はだいぶ早い鼓動を感じていた。

寒さを感じてふと目覚めると、時間は午前3時を過ぎていた。カエルの大合唱はだいぶ収まり、小編成による演奏になっている。

麦茶を飲んで喉の渇きを潤し、布団の上であぐらをかいて再びぼんやりしていると、突然、こころの静けさのようなものを覚えた。


──ココニイル──


灯りを消そうと、灯具から垂れた紐を2回、引いた。

部屋を満たしたそのオレンジ色の薄明かりは、母が最も人生を謳歌した昭和の時代の記憶を呼び覚ましてくれる。


──バレエが好きだった母が、この作品を観ることができたら──


ふと、そんなことが頭を過った。


午前4時──。


待ち侘びたはずの静けさは、一瞬にして、慣れ親しんだ揺らぎへと変わった。

母は施設で、そろそろ目を覚ますころ。


──ぼくが何をしているか?──


もう思い出すこともなくなっていくのだろう。


幼きころの母が夢見た表現の世界に、今一度、すべてを捧げよう。すべてを捧げてくれた母への、胸いっぱいの感謝の気持ちを込めて。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入居決定 #ケアマネ #ケアマネージャー #川瀬浩介