主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【二度とは来ないそのときのために】

https://www.instagram.com/p/Bdp3ogIjvCo/

2018年1月8日

 

三層に連なったグラデーションの夕焼けを見るのが好きだ。最近は、この景色を、施設の東の窓辺から、母とぼんやり見つめている。

 

 

──なんの感情も覚えないひと時──

 

 

こうした瞬間もまた、人は自ずと〈幸福〉を感じているのだろう。

 

厳しい寒さが迫る季節、特に今年は前倒しで大寒を思わせる厳冬がやってきている。高齢になると、まるで自然の一部に帰るかのように、環境の変動に敏感に寄り添うようになる。母もまもなく85歳。女性の平均年齢には未だ届かないとはいえ、いつ何が起きても不思議じゃない。

 

そしてもう一つ、逃れないのが「誤嚥」の可能性。そこから肺炎を起こすパターンが高齢者にはつきまとう。

 

 

──無理な延命はしない──

 

 

そう確認しあってはいるが、叶うことなら、終の瞬間には、家族で揃って見送りたいと願っている。

 

 

この一年、母が自宅を離れてから、ぼくの暮らしには、いくばくかの隙間ができた。

 

 

──時間・空間・睡眠・孤独──

 

 

けれど、心のなかのざわめきは、また違う次元へと移り変わっただけで、収まる気配がない。

 

 

──いまできることを──

 

 

直接的な関わりが薄まってきたこの一年の間も、常にそう思って取り組んできた。

 

 

──これから先、何ができるのか?──

 

 

──二度とは来ないそのときのために──

 

 

「遣り残しなし」と豪語する母の人生を完遂させることを、頭の片隅に常に置いておきたい。

 

悔やむことのないそのときをお互いに迎えられるように。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #夕日 #夕陽 #sunset #twilight #東の空 #終 #川瀬浩介