主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【(心地よい関西弁で聞く)来てくれて、ありがとう】

https://www.instagram.com/p/BdcR_9UDefP/

2018年1月2日

 

こじらせた風邪も癒えてきたので、今日はいつもの森を抜けて母に逢いにいった。

 

「今日も来てくれるかねぇ…と話されていたんですよ」

 

部屋に入るなり、スタッフの方がそう声をかけて下さった。家族や子供がいたりすればこうもいかないだろうけれど、自由な身分を活かせる数少ない機会を、今、使うとき。

 

 

「来てくれて、ありがとう」

 

 

記憶が薄れても忘れることのない関西弁のイントネーションで、母は終始、そう伝えてくれた。

 

余計な一言をどなたかに放ってしまったせいで、窓辺のテーブルに移されてしまった母だけれど、ここにも意外な幸運が待っていた。

 

 

「ここから景色をみていると、1日がすぐに終わって、いい」

 

「それは、退屈で何もすることがない、ってことかい?」

 

 

そう訊ねると、まるで話しの落ちを付けるかのように、変わりないいつもの笑顔を添えて母は笑った。

 

 

「こんなに時間があるんだから、ぼくも同じ境遇になったら、何をするかな?」

 

 

そう口にしてしばらく考えてみた。

 

 

──何も思いつかない──

 

 

「やっぱり、ぼんやりするかもね」

 

 

そう伝えると、母はまた和かに笑った。

 

施設に休みはない。ぼくらの代わりにお世話して下さっている有り難さを改めて感じた。

 

ここに来てから、体調を崩したことは一度もない。自宅でひとり、ぼくが看ていたころは、ぼくの余裕のなさを映すようにして調子を崩した母だが、ここでは至って元気に過ごせている。

 

 

──ひとりでは、看られない──

 

 

母をみまもりながら、何度も思った。子供に両親がいるわけを。ひとに家族が必要なことを──。

 

当たり前としているけれど、そこには理りを超えた自然の法則がきっとある。

 

互いに支え、励まし合い、ときには足りないところを補う…もしものことがあっても、残ったものが家族をみまもる。

 

 

──自然は、人が考えるより遥かに逞しい──

 

 

木陰に隠れてしまっていたが、この東の空の先には、スカイツリーがある。展示していた作品を観てもらうために母を連れ出したのは…もう5年前のことだ。思えばあの直後が、すべての始まりだった。

 

帰り道、せっかくだからと寄った、駒形どぜうをいただいたのが、2人で囲んだ最後の外食のテーブル──大阪生まれの母には、地元のどじょう鍋の方が美味しかったらしい。もちろん、ぼくにとっても、母が作ってくれたそれの方が美味しく感じられた。

 

年末の掻き入れどきに伺ったせいで、ひどい酔っ払いばかりが溢れていて…

 

 

「これくらいの勢いを、江戸前というのかもね」

 

 

なんて皮肉を、母と話していた気がする。

 

 

どれもこれも、今となっては、すべてがいい想い出。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #森 #面会 #見舞い #駒形どぜう #川瀬浩介