主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【母、再び発熱か?】

https://www.instagram.com/p/BfL60W9l3dU/

2018年2月15日

 

丑三つ時、虫の知らせか突然目が覚めた。

 

やはりどこか緊張しているのだろう。束の間の睡眠は、案の定浅い眠りとなった。

 

うたた寝している間は、とても口外できそうきないほど素敵な夢をみていた。まず起こり得ないことのはずなのに、それを夢だとも気づかずにいたのだから(たまに夢と知りながらみているときもある)、よほど素晴らしい時間だったのだろう。

 

その夢の展開がおぼろげになったころ、一瞬にして目を開き、起き上がった。

 

床に就いてから何度かみまもりカメラで様子を伺っていたが、母は微動だにしていなかった。突然呼び覚まされた目覚めに「まさか」と思って寝室に入ろうとすると、居間との境のすりガラスごしに、母がこちらを向いているのがわかった。

 

 

──「眠れないのかな?」──

 

 

近寄って声をかける。問題ないようだったが、おでこに手を当てると少し汗ばんでいた。

 

 

部屋の温度が高かったのか?

布団が暖か過ぎたのか?

それとも便が出ているのか?

 

 

すべて確認したけれど、どれも影響するほどじゃない。環境の変化による場合も考えられる(入退院を繰り返していたころにも何度かあった)。

 

即座に体温を測ると、少し微熱があるような数値がでていた。

 

 

──焦らない焦らない──

 

 

睡眠中のこと。布団の中にいるときは、少し体温が上がっている場合もある──6年近くの介護経験は、なにひとつ無駄はなかった。

 

1時間後にまた様子をみにくるからと母に告げ、ぼくは最寄りの24時間営業をしているスーパーマーケットへ向かった。

 

 

──朝食のことをすっかり忘れていた──

 

 

作り置いたおかずは食べないだろうし、何か新たに用意する必要があったが、材料がなかったからだ。

 

卵や牛乳、ヨーグルトなどを買い求め、約束通り1時間以内で帰宅し、再び母の傍で検温。見込み通りに平熱に近づいている。

 

 

少し安心したが、状況は刻々と変化するもの。

 

次は明け方、もう一度みまもりを。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #一時帰宅 #みまもり #24時間