主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【味気ないひとりの夕食】

https://www.instagram.com/p/BYOMko1Dwdd/

2017年8月25日

 

22:00、遅めの夕食──。

 

買物に寄って帰宅したのは確か14時前。

 

まもなく手配していた荷物が時間通りに到着。これで今日の家事は終了した。

 

15時、汗を拭うまもなく腹を満たそうと、買ってきた格安オニギリを頬張った途端、寝不足の二日間のツケが一気に回り始めた。

 

目覚めたときにはもうすっかり夜になっていた。

 

今後、特養への入所希望を出すことになったため、今日、ケアマネジャーからいただいてきた資料に目を通しつつ、ネットで情報を集めた。

 

いくつか候補を絞ったところで、見学の予定を立てたかったところだが…当面、予定は作れなさそうだ。

 

21時、食材が傷む前に、作り置きの続きを少し。

 

完成した山盛りの野菜炒めを適量取り分け、作り置いてあった鯖の味噌煮と合わせていただく。

 

麦茶を切らしていたから、豆乳をマグにたっぷりと。

 

大変な母の一時帰宅だったけれど、こうしてまたひとりの夕食となるのは、やはりとても味気なく思う。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #ショートステイ #入所中 #男の料理 #料理男子 #料理中年 #作り置き #野菜炒め #鯖の味噌煮 #胚芽米 #じゃこ #ちりめんじゃこ #豆乳