主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【森山開次《サーカス》2018年再演 初日】

f:id:kawasek:20180520033652j:image

2018年5月19日

初日の幕が開けてしまえば、ぼくの出番はおしまい。あとは、劇場の音響チームと作り上げたこの音空間をお客さんと一緒に楽しむだけ。

自身も3年ぶりにこの作品を観て、新たに思うことがたくさんある。

子供のころ、母に連れられていった実際のサーカス──無自覚ながら、なぜあれほどまでに興奮したのだろう?

猛獣使いが現れて、火縄潜りがあって、おどけたピエロが不可思議な音楽に乗って登場する──わざわざ、頰に涙のしずくを書き記した表情で──球体の中を360度バイクが駆け巡ったシーンも鮮明に記憶に残っている。そしてハイライトは、空中ブランコだ。

いま思えば、すべて命がけでの技ばかり。

我らがまっさかサまーカス団もそれは同じこと。万が一ステップを誤れば…フォーメーションが崩れたりしたら、ダンサー生命が脅かされる場合もあり得る。


──生きるとは、まさに命を賭した営み──


ぼくたちは、人生という名の舞台を生きている。当たり前のことなどなにもないのに、明くる日がやってくるとどこかで思い込んでいる。


──「また明日」──


その言葉は、もう一度会えると信じて交わす祈りだ。


──「おはよう」──


次に目覚めて顔をあわせるまで、今日が最後になるかもしれないのだから。


──生あるすべての瞬間は奇跡に他ならない──


このきらめく奇跡を、劇場で見届けていただけたら光栄である。


#パフォーマンス #サーカス #circus #performance #新国立劇場 #川瀬浩介 #森山開次 #奇跡 #生きる