主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【出航】

https://www.instagram.com/p/Bg_c3ZmDctp/

2018年3月31日

何度かよったか思い出せない場所が、今夜で幕を閉じる。


──BankART Studio NYK──


横浜にあるオルタナティブアートスペース=BankART1929が管理する施設だった。日本郵船の倉庫跡だった場所をお借りして、さまざまな活動を展開してきたチームだ。

ここ拠点に13年──振り返れば、その最初の年だった2005年からご縁が始まった。

場所はなくなるけれど、チームは継続する。既に別に拠点を構え、新たなプロジェクトに向けて準備を始めているという。

今夜の最後の夜は、ここで出逢った沢山の仲間たちとの再会の場となった。


──このまま甘えていてはいけない──


横浜にスタジオを構えていたのは、2012〜2014年の2年間。とても恵まれた環境で、天高が10メートルを越す4000平米以上ある空間だった。そこで出逢った全ジャンルを網羅するアーティスト、デザイナーたちとの協働は、当時のぼくに未知の可能性を開いてくれた。

それも全て、この場所=BankART Studio NYKがきっかけだった。


──帰る場所がある──


どこかここに、そんな安心感を抱いていたような気がする。

場所はなくなっても、変わらないものがある。


──ここで過ごした時間と出逢った事実──


注いでもらった胸いっぱいの想いには、まだまだ十分に応えられていないけれど、きっとまた、この横浜に帰ってくる日が来る──そんな予感めいたものを覚えながら、いつかの日と変わらず、そっとこの場を後にした。


今夜は終わりじゃない。

次の物語を始めるための、船出の夜──。


今はまだ想像もできないかたちで、また逢いましょう。

それが、ぼくたちにできるたったひとつの恩返しだから。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #船出 #出航 #Bankart #Bankart1929 #BankARTstudioNYK #川瀬浩介