主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【前進】

https://www.instagram.com/p/Becpv0TD5eU/

2018年1月27日

 

夕暮れどき、まるで予定されていたような隙間の時間を得た。

 

 

──何をするのが有意義か?──

 

 

そうだ、せっかく近くに来たんだから、父の墓参りに行くことにしよう。年末に向かったときは陽が落ちてしまって墓石を磨くのが不十分だったから丁度いい。

 

週末の寺町は、いつも以上に静まり返っていた。けれど、例の映画の影響は未だ続いているらしく、聖地巡礼を楽しむ観光客が後を絶たない。

 

その様子を横目に階段を下って行くと、雪化粧をした墓地の様子が目に入ってきた。

 

 

──おぉ──

 

 

これは思いもよらないご褒美だ。ここに母が墓を建てて30年。こんな景色を見たのは初めてだった。

 

寺の前にある井戸から水をくもうとしたが、一向に出てくる気配がない。中を覗くと案の定。

 

 

──凍結──

 

 

「大事な手がやられてしまうから今日はやめとけ」

 

 

そう父が言ってくれているような気がした。

 

墓前に立つと、今も師走の父の誕生日に供えたビールとタバコが遺されていた。今日2組追加して、計4つずつ並べられた図もまた史上初。初めて尽くしで何やらめでたい気分になった。

 

手を合わせて、決意のほどを報告。決めたことはひとつではなく、すべてが複雑に絡み合って説明するのは難しいのだけれど、総じてまとめると「前に進む」ということになるだろう。

 

 

──「ぼくの勇気をみまもってください」──

 

 

ぼくの挑戦を絶えずみまもってくれている母の言葉は今も変わらない

 

「あんたの好きにしたらええ」

 

それはすなわち、「自分で決めろ」ということだ。子供のころから、ずっとそう言われてきて、ずっとそうしてきた。母がそうしてきたように。

 

今度もまた、いきなり何を言い出す? そんなことを思われるのかもしれない。それでも、いつだってぼくのなかではひとつながり。

 

敢えて言うなら、前に進むのに、理由など、あってはならない。それが純粋な思いであればあるほどに。

 

さて、一服して、帰ろう。今夜もやるべきことがあるから。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #父 #墓参り #川瀬浩介