主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【母、帰宅前訪問、前夜】

https://www.instagram.com/p/BeVmG4-D0FM/

2018年1月24日

 

だいぶ溶けたけれど、未だに置き場所に困るほどの残雪。

 

 

──破壊と再生を繰り返し筋肉は鍛えられていく──

 

 

先の除雪による影響で喰らった裏腿と臀部の痛みを感じながら、怠けた身体にはきっといい影響があると信じて、黙々と雪を掻く──。

 

自宅前の植込みの木をすべて処理したのは、何年前のことだったろう? 母の身体に色々と起こり始めた2012年の暮れだったような気がする。

 

あの頃から、祈るように、あらゆることを整理してきた。今になって振り返れば、一番最初に手をつけるべきだったのは、自分の心だった。

 

目の前のことばかりに気を取られ、気づいたときには、自分自身を見失ってしまった──それからあらゆるものに助けを求めた。

 

 

──医療・食事・運動・書籍・瞑想──

 

 

気持ちが整えられていく実感が少しずつ湧いてきたのは、その実、ようやく最近になってからだ。

 

──もっと早い段階で心を落ち着けることができていれば、手放さずに済んだこともあったのかもしれない──

 

 

時折、そんなことをぼんやりと考える。

 

いや、いまこうしていることが、何よりあるべきかたちに他ならない。過去も未来も、今この瞬間には存在しないのだから。

 

 

──「すべては書かれている」──

 

 

何度か引用したことのある、あの小説の言葉通りのこと──。

 

 

さて、明日は母の帰宅前訪問の日。自宅環境でどの程度過ごせるかを確認することになる。

 

そのわずかな時間に、いろんなことが見えてくるはず。

 

 

──もう一度、すべてを変える必要に迫られる──

 

 

そのつもりで、母の今すべてに目を懲らそう。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #アルケミスト #パウロコエーリョ #雪かき #除雪 #本当のことはなかなか言えない #川瀬浩介