主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【センサー、鳴り響く】

https://www.instagram.com/p/BYIt-jvjuae/

2017年8月23日

 

クイーンのライヴを観終わって、母が床に就いたのは午後9時ごろ。鑑賞中から「トイレに行きたい」と尿意を訴えていたから、やや気になっていた(自律した排尿ができなくなり膀胱にバルーンを入れてあるため、尿意は感じないはずなのだが)

 

「大丈夫」と促してベッドに寝かせると、まもなく大音量に設定しておいたセンサーの受信機が鳴り響いた。

 

 

──センサー稼働──

 

 

施設に入所前も入所後も、夜中に起きることのなかった母だが…今夜、早速、ベッドから起き上がってしまった。

 

「さあ仕事だ」と手を動かそうとした矢先だった。

 

即座に階段を上がって寝室へ入る。さほど時間は経過していなかったのに、母はもうすっかり歩き出しているではないかっ!(驚)

 

それだけ身体の機能が回復しているのはいいことだけれど…これは今日明日、仕事にならないうえに眠れない可能性が高まってきたか?

 

 

──たった二泊──

 

 

ぼくがなんとか持ちこたえなければ(遠い目)

 

 

──みんなこうして、親に育ててもらったんだな──

 

 

子育てを経験して感じるようなことを、親の介護を通じて知ったこの5年。

 

「5」という数字を見つめると、随分ながい時間が過ぎたのだなと、突然、重みのようなものを覚えてしまうから不思議だ。

 

とにかく寝静まるのを待って、まずはシャワーを浴びて気分転換したい。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #一時帰宅 #人感センサー #離床センサー代り #revex #眠れない