主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【孤独のラザニアで50歳を祝う】

f:id:kawasek:20201226151417j:image

2020年12月26日

1日遅れのメリークリスマス。

しかし世界は広い──日本時間26日14時現在、サンフランシスコではクリスマス・ナイトのクライマックス。それに、昼間の明るい時間にメリークリスマスというのも何だかいい気分だ。子供時代のクリスマス会の景色はまったく呼び覚ませないが、きっと何か素敵な想い出がぼくの心のなかに詰まっているのだろう。

昨日はパンを焼いて「孤独のラザニア」を食べるのだっ! と意気込んだものの、ミートソースを完成させたところで力尽きてしまった。

振り返れば、ラザニアは、緊急事態宣言後、最初の1週間を乗り切るために作って以来で、すっかり勝手を忘れてしまっていた。材料もおぼろげで、ミートソースを作るのにトマト缶が必要なことさえ思い出せなかった。このコロナ禍、さらに手際が良くなった野菜の微塵切りを、たまねぎ〜にんじん〜セロリと済ませたところまでは順調だったのだけれど、合挽き肉を炒めている途中で思い出し、買いに出かけた。

いや、パン生地を発酵させている間に仕事をしたり家事をしたり・・・そんなマルチタスクをしてしまったゆえ、脳が劣化を起こしたのだろう。ひと昔前は、「マルチタスクをこなせてこそ仕事のできる証」などとうたわれていたが、脳科学では推奨されていないという。どおりで在宅介護者時代は、何事も停滞していたわけだ、と最近になって思い返したりしている。


──こんな見た目だったっけな?──


と、オーブンに入れる前は感じたのだけれど、焼き上がってみると、見事だ。まるで──


「ぼくがこれから行く道がハッピーエンドを迎えることを表象している!」


と都合よく考えることも、脳の健康には効果があるらしい。脳は意外と単純で、考えたことを現実化させようと機能するのだそうだ。昔ながらの「言霊」の効果が、脳科学でも証明されている──ぼくはそう都合よく解釈して、2020年を今日まで過ごしてきた。


──問題は解決する。ぼくが生きている限り──


だから、授けられたこの生命を全うするのだ!

と、健康度外視の超ハイカロリーなラザニアを頬張りながら考えていると・・・


──大当たり──


ミートソースの味付けに入れたままにしていた鷹の爪を見事に噛み砕いていた(苦笑)

これからいいことありそうだ。

12月17日──無事に50歳を迎えた。子供のころには触れることはもちろん、その存在さえ知ることがなかった、複雑に絡みうたくさんの気持ちがこの世界に満ちていることを感じられるようになった。そのこと自体に、他と比較できない大いなる価値を覚えている。それが何より嬉しく、ありがたく思う。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #介護独身 #シーズン9 #kawaseromantic #母 #特養 #入居中 #川瀬浩介 #元介護者 #男の料理 #料理男子 #料理中年 #作り置き #ラザニア #孤独のラザニア #脳科学 #言霊