主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【誕生日に誓って──この3年を終えよう】

f:id:kawasek:20181219030243j:image

2018年12月17日

48回目の誕生日の朝をひとり静かに迎えた。

去年はインフルエンザに見舞われた誕生日だった。今年は健康で迎えられ何よりだったが、数日前から創造のなかに没入していたため、ふと日常の感覚に目覚めたとき、あまりに不眠不休で連続作業をこなしていたことに気づき、一気に疲れが噴出してしまった。

そんななか、自らを祝うため、今年、珠洲から持ち帰った小豆を煮てみることにした。一晩つけ置きしておいた小豆を下茹でし、その後、塩で味付けをした。それだけで他に手を加えなくとも美味しくいただけるのは、素材の品質の高さゆえのことだろう。砂糖や水飴を加えればきっと記憶にある味になるはずだけれど、これはあえて素朴なままにしておきたい。

正午前、毎月通っている定期検診へ出掛けた。肌寒さは日増しに厳しくなるばかりだが、陽射しのなかに入れば暖かさもあり、気分は上々である。

 

ここに通いだして丸4年。介護に追い詰められ、心身の変化について自分で見つめるようになってから、既に3年近くが経つ。時に迷い、時に苦悶しながらも前進する選択を重ねてきたお陰で、今ではすっかり穏やかな時間が過ごせている。


──丁寧に暮らす──


いつからか抱いた目標である。それがここ最近になって、ようやく果たされつつあるような手応えを感じてきた。こうして食事を拵えることも、そのために時間を割くことも、その標があるがゆえのことだ。

この暮らしぶりがようやく板についてきたと感じた数日前の晴れた日、突然にある感覚が心に宿った。


──整った──


あの感覚を上手く言葉にできないまま、その「整った」という表現で主治医にその旨報告すると、その様子をこう言い表して下さった。


「歯車が噛み合ってきたのではないでしょうか」


そう。この感覚と言葉が、今年の誕生日の最大の贈りものなのだ。

もがき苦しんだこの3年を終えよう。その選択が下せるのは、このぼく自身だ。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #介護独身 #シーズン7 #kawaseromantic #母 #特養 #入居中 #川瀬浩介 #元介護者 #男の料理 #料理男子 #料理中年 #作り置き #選択 #誕生日 #珠洲 #奥能登 #小豆 #天皇杯 #すえひろ