主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【無常であるがゆえにめぐりくる「今」という時】

f:id:kawasek:20180511183636j:image

2018年5月11日

やや挙動不審になりつつあった録音データ記録用ハードディスクを新調するために、いつもの「少し遠回り」なルートで秋葉原へ向かった。

それは、初心を忘れないようにするためでもある。


──ところが──


CBS/SONY時代から30余年見つめていたSony Misicの看板が、ない。どうやら譲渡されたようだ。


──世は無常なり──


レコーディングエンジニアに憧れていたのは、高校生のころ。でもそれは、「作曲をしたい」という真の望みを封じるための口実でもあった。


──大企業傘下のレコード会社に就職する──


そう言えば、親も納得するだろうし、人生設計だって、きっと滞りなく進んでいく──そんな、経験の足りない青い考えに満ちていた。

どこにいたって、そこが安住の地になり得るかどうかは、自分次第。そのうえ、そこが理想の場かどうかなんて、実際に過ごしてみなければわからない。自分の気持ちさえ、日々、移ろっていくというのに。

明日のことなんて、誰にもわからない。だから今日を全力で過ごす──この1年、その誓いが果たせなくなっていた。母のことを言い訳にして。

この二タ月の間に目にしてきた出来事が、ぼくをさらに前進させようとしてくれている。今日、目の当たりにした景色もまた、決意を揺るぎないものにするために忘れ得ない記憶になるだろう。


──残された時間がどれだけあるのか?──


いつその瞬間を迎えても悔いのない日々を──それだけを期して生きよう。


当社所有の敷地・建物「SME 市ヶ谷ビル」及び「SME 乃木坂ビル」譲渡に関するお知らせ | プレスリリース | Sony Music Group Company Site



#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #母 #特養 #入居中 #川瀬浩介 #元介護者 #sonymusic #cbssony #市ヶ谷