主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【初心を思い返す日】

f:id:kawasek:20180430172718j:image

2018年4月30日

Spiral Independent Creators Festival──。

長い名前だ。

2000年開催の第1回から参加したことを思うと、今もまだこうしていられることが不思議でならない。


──2002年──


第3回SICFグランプリ受賞。

あの日、青山通りの確かこのあたりから、母に電話をした。当時愛用していたPHSの音の良さが今となっては懐かしい。

母は何事においても過剰に喜んだりすることはなかった。特別なことがあってお祝いしたりすることもあまりなかった気がする。もちろん、それでぼくは不満に思ったことはない。あらゆる意味で豪快で愉快な母だから、何の違和感もなかった。

16年前、母にこんな未来が来ることを、ぼくは全く想像していなかった。


突然の別れを迎えることになるより
永らく病に苦しむより
事故に巻き込まれるより
若くして先立つより


──よかった──


そう思える望まない事象は無限に数えられる。

けれど、遭遇せずに済んだ出来事は、母はもちろん、ぼくが向き合うべき「今」ではない。


──これでよかった──


そう思える「今」を創り続ける、と誓ったのは、何のあてもなくアートの道に進む決意をしたときからかもしれない。

この5年半、母の晩年の在り方を、知力・体力・資本力の総てを投じて全力で創り続けてきた。しかし、終という不可避な最期へ進むには、望まなかった「今」を見つめることさえも不可避だった。


──この選択は間違いなかった──


そう思える母の送り方を、その日を迎えるまで考え続けていきたい。


SICFの会場の雰囲気は、2000年のころと何も変わらない。


──期待と不安が入り混じる──


こういう空気がたまらないからこそ、ぼくたちはずっと、ここにいるのかもしれない。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業 #母 #老人保健施設 #特養 #入居中 #ケアマネ #ケアマネージャー #川瀬浩介 #元介護者 #sicf #sicf19 #SpiralIndependentCreatorsFestival #初心 #theinitialenthusiasm #enthusiasm