主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【言葉から解き放たれて】

f:id:kawasek:20180429003535j:image

2018年4月28日

今日も太陽を見ていた。

雲ひとつない快晴のもと、昨日と同じように、空は白く輝いていた。


天高く煌めく太陽──。

バックミラー越しの夕陽──。


その夕陽が照らしていたのは──真昼の月


また満月が近づいている。


特別養護老人ホームに入居して、1日が経った。母に特別変わった様子はなかったようにみえた。

それを確認して、ぼくが安心しても仕方がない。


──自己満足──


もしも言葉を失ったら、ひとは感情や恐れから自由になれるだろうか?


その言葉も概念からも解き放たれたとき──「幸福」という何かを見つめることができるようになるのかもしれない。

母は、その瞬間に近づいているのだろうか?

それとも、伝えたいことを伝える機能を喪失してしまって、「自分」という器のなかに閉じ込められているのだろうか?


──あの笑顔の向こうに、ぼくには届かない叫び声がこだましているのだとしたら──


他者の痛みは、想像することしかできない。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業 #母 #老人保健施設 #特養 #入居中 #ケアマネ #ケアマネージャー #川瀬浩介 #元介護者