主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【最後の散髪】

f:id:kawasek:20180426144407j:image

2018年4月26日

明日の午後、母は特別養護老人ホームに入居する。その前に、身なりを整えさせたくて、今日、母の散髪をしに、お世話になっている介護老人保健施設へ向かった。


──もう、しない──


特養にお世話になる日が迫ってくるなか、考えていた。


──洗濯も、散髪も、老健にいる間だけにする──


これが、母にしてあげられる、最後の散髪──。

ハサミを動かしながら、そのことを考えてしまった。


──きっとそのせいに違いない──


最後だというのに、今日はうまく仕上げられなかった。


──ぼくのすべてを象徴するような結末──


ひとずつ、何かを「終える」という経験を、積んでいこうと思う。

そうしないと、とてもそのときに向き合えそうにない。

散髪のあと、母ともっと話をしたかったのに…。今日はこれ以上、一緒にいる時間を持てそうになかった。


──ぼくはまた逃げ出した──


睡眠不足は、ろくなことがない。次の予定まで、僅かでも眠ろう。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入居決定 #ケアマネ #ケアマネージャー #川瀬浩介 #散髪