主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【胸いっぱいの感謝を母に──60回目の結婚記念日】

https://www.instagram.com/p/Bf7k7XtjP7F/

2018年3月5日

今から61年前、亡き父と母が出逢わなければ、今日のこの日はなかった──そう想うだけで、言葉ではいい尽くせない感謝の念が、止めどなく湧き上がって来る。

あの喜びも
あの恍惚も憂いも
あの苦悩も痛みも
あの屈辱も
あのやるせなさも
あの可笑しみも
あの愉快さも痛快さも
あの出逢いも
あの別れも
そして再会も

何も味わうことができなかったのだから。


──おめでとう──


去年と今年、入院と施設入所が続いて贈れなかった花束を、今日の日に届けます。

生花師範の免状を持っている母だけに、花を見ただけで「ダリア」だとすぐに応えた。


──胸いっぱいの感謝を、母に──


後ろなんて向かない母だから、父の遺影はずっとしまわれたままだった。それもかなり雑なかたちで、山のような母の衣類の谷間に置き去りにされていた。


「パパの写真、ようだしてくれたな〜ありがとう」


聴き馴染んだ関西弁で伝えられた言葉は、どこか照れた様子だった。お気に入りのクラウディア・アバド指揮による演奏会の映像を観ながらも、時おり、父の写真に目を配っている母──。


──出逢ったころも、こんな風に目配せしていたのかな?──


ぼくが生きた歳だけ、父の不在の月日は重ねられていくけれど、ぼくと入れ替わるように先立った父は、ぼくの目を通して、母を見つめている。


ぼくのなかに、そして母のなかに、もちろん兄のなかにも、父は生きている。


命がめぐるとは、きっとそういうことなんだろう。


「この花束、誰にもらったん?」


あの巨大義理チョコのことを思い出したのだろうか?


「二人の結婚記念日のことなんて誰も知らないし、何でも貰えるわけがない」


苦笑まじりに応えながら、そんなことを口にする子供がえり真っ只中の今の母を見つめる。


──こんなに可愛らしいひとだったんだな──


ベートーヴェン交響曲第9番》第3楽章の優しい調べが、いま、この母との時間を包んでいる。

限りあるからこそ、このひと時をひとは「愛しい」と名付けたに違いない。


──ほんとに、おめでとう──


今日の日のことは。ずっと忘れないから。

この花たちの甘く優美な香りと共に──。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #結婚記念日 #60回目 #花束 #ダリア #感謝 #川瀬浩介