主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【母が旅立つ日を想像して】

https://www.instagram.com/p/BfxmWAQjUGD/

2018年3月1日

今年も春が近づいているらしい。

編集していた映像の書き出し中に、スタジオの窓辺からお隣の立派な桜の木を見上げた。つぼみは、まるで約束を果たすかのように、元気に膨らみ始めている。

このつぼみを見上げると、たくさんの記憶が蘇ってくる。


──満たされたあの日の記憶──

──喪ってしまったいつかの記憶──


四半世紀以上眺めてきたこの桜を見つめて、初めて、母がいなくなった後のことを想った。

来年か?
2年後か?
5年後か?
10年後か?

それとも、明日か?

まさか、今夜か?

いや、もしかすると、そんな日は、やってこないかもしれない。


──順番を守らずに、ぼくが先立ってしまったとしたら──


こればかりは、誰にもわからない。


最近、気づいたことがある。

今の暮らしは、母が旅立ったあとの様子をシミュレーションしているようだ、と。

仕事と介護、プライベートの狭間でもがき、気づいたころには闇に沈んでいた時代──あの当時から思えば、今の静かな暮らしは、待ちに待った時間だったはずだ。


──思い存分、仕事に集中できる──


かつてそうだったように、すべてを捧げることができる「今」があるというのに、なぜこんなにも、満ち足りていないのか?

創作に没頭している最中はいい。


──「無」──


喜びはもちろん痛みさえも感じない──その概念さえ消失した、まさにこれこそ「幸福」と呼ぶと言える場に、そのときのぼくはいる。

無意識が途切れたあと、意識が再起動してから──この「浮世」に再び舞い戻ってからが、未だ言葉にならない気分に陥る。


──想いを奏で続ける──


自分の表現として、その願いを絶やさずに──それが許されてきた己の歩みに、感謝の念を忘れてはならない。

そして、その歩みを支えてくれたのは、他ならぬ母の存在が大きかったことも。

大切なことすべてをひとつも残さずに受け取ったから──。

あとは安心して旅立てるように、ぼくがしっかりと、この脚で大地を踏みしめていかないと、ね。

さぁ、もうそろそろ、次へ。今日見上げたつぼみと同じように、ぼくも約束を果たすときが近づいている。

 

今夕、たった今、強い風が吹き始めた──。

春一番、かな?



#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #つぼみ #春 #桜 #約束 #川瀬浩介