主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【この朝焼けに誓って】

https://www.instagram.com/p/BfMeI3FDywu/

 

2018年2月15日

母のみまもりで、結局一睡もできなかった夜が明けた。

4時以降はぐっすり眠っていたようだけれど、気になって1時間おきに確認していたがために、不眠の夜となってしまった。

午前7時前、母が起き出すまでの時間を使って、眠気覚ましに散歩に出た。十分に横になれていなかったから腰も痛いし、寝不足の身体は疲れ切っているし、何もいいことはない…と思った矢先に東の空に目をやると、鮮やかな朝焼けと出逢った。


──嗚呼──


美しいという言葉さえ見当たらなかった。

かつて、夕陽と朝陽は見え方が違うのか? という疑問を抱き、観測したことがあった。結果は、大きな差を見つけられなかった。あたりが明るくなり騒がしい朝方と、あたりが暗くなっていく夕方の差は、おそらく「こころ」に何を映しているのかによるものだと思った。


これから一日が始まる慌ただしさや喜び

これで一日を無事に終える安らぎや闇への不安


どんな心情を映すかはひとそれぞれだろう。


──今朝観た朝焼けは、きっと偶然じゃない──


その出来事は、不思議と、そう感じさせてくれる瞬間だった。


──母が授けてくれた我が使命──


それが何なのかぼくには未だわからないけれど、この地上での生を全うするその瞬間まで、全力投じたい。

さて、そろそろ朝食の支度を。その前に、母のあれこれを手伝ってあげないとね。


#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #一時帰宅 #朝日 #朝陽 #朝焼け #川瀬浩介