主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【ぼくにはもう祈ることしかできない】

https://www.instagram.com/p/BfMFgwdFt3s/

2018年2月15日

 

午前4時──。

 

抜き足差し足、そっと忍ばせて母の寝室に接近。音を立てないようにガラスの引戸を5センチだけ開けて様子を伺う。

 

──やっと眠れたみたいだ──

 

いつもは施設で5時には目が覚めているらしいけれど、今朝はもう少しだけゆっくり眠れるといいね。なにせ、5ヶ月ぶりの自宅なんだから。

 

拙作《ROCKSTAR》制作時に残った材料で作った即席の転落防止柵も、前回の一時帰宅に向けて作ったのだから、もう随分前になる。

 

あれから思うと、今の母はだいぶ衰えている。このあとショートステイを挟んで3月初旬にも一時帰宅が予定されているが、ケアマネジャーから伝えられたことが頭を過る。

 

 

──次が最後の一時帰宅になるかもしれない──

 

どうか、たとえ1分でも1秒でも、住み慣れた我が家で過ごせますように。

 

ぼくにはもう、祈ることしかできない。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #一時帰宅 #熟睡 #川瀬浩介