主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【博士の愛した数式】

https://www.instagram.com/p/BdfuEqijO-0/

2018年1月4日

 

ずいぶん前に手に入れたままだった小説を、いよいよ読むときがきたらしい。

 

 

──言葉がでない──

 

 

序盤から引き込まれ、飽きるところは一切なかった。柔らかで淡い心理描写と純粋無垢な数学の神秘と美をモチーフにながら、この世の理りと人びとの真理を語る展開に、とにかく心酔させられた。

 

しかし、この体験の強度を表現する言葉が、今にぼくには思い浮かばない。

 

興奮冷めやらぬまま映画版も味わってみたが、読者の心のなかにしか浮かび得ない細やかな情景の移ろいを2時間以内で具象するには無理がありそうだと感じた。

 

いずれにせよ「記憶」、そして「今を生きる」というテーマは、ぼくの目の前にある暮らしと重なり、見事に心を掴まれた。

 

文庫本の楽しみとして、巻末の「解説」があるが、本作のそれもまた秀逸で、ところどころに込み上げてくる箇所があった。小説の誕生秘話を綴ったエッセイ集もあるようなので、そちらにもぜひ目を通したい。

 

そしていつか、小川洋子さんにお逢いしたいと思った。きっと数学のように、神秘を纏った素直な佇まいをされているに違いない。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #小説 #小川洋子 #博士の愛した数式 #川瀬浩介