主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【無事でよかった──今日も、あの日も】

https://www.instagram.com/p/BcHAbL4F8kp/

2017年11月30日

 

なんだかこうしてみると、イチゴのショートケーキに見える。

 

「歳を取ったら明るい色を着なあかん」

 

若い頃からよくそう口にしていた母。それに倣って、ぼくが服を選ぶようになってからも派手な色を纏わせている。

 

寒色系でも鮮やかなものを…例えば、イタリアの青=アッズーロや、深い緑色=ビリジアンあたりを。ぼくの色の好みも、母の影響が多分にありそうだ。

 

昨日処方された薬の効果が出たようで、昨夜から咳も収まり、今朝は熱も消え去ってくれた。身体は疲れているけれど、病院や施設の付添い、面会基準を満たしているから、予定通り、三ヶ月ぶりの外来受診へ母を連れていった。

 

病院は、ますます改装・増築が進んでいて少し迷うも、いつものスタッフの皆さんやお世話になっている先生方の顔をみると、なんだか落ち着いた気持ちになった。現在の主治医と顔を合わせると、母はとっても喜ぶ。その様子を見ているだけでも、今日もこうしていられる幸運を感じる。

 

偶然にもここに救急で運ばれてからもう5年。その間に離れられた方もいるし、診療科目が変わってお目にかからなくなった方もいる。それでも病院の空気は、変わらず穏やかな気配が漂っているからありがたい。

 

あの日、もし別の病院に担ぎ込まれていたら…まったく違った毎日だったかもしれない──。

 

そんなことを思い浮かべながら、対向車に道を譲ろうと車をバックさせていたら…。

 

 

──嗚呼──

 

 

みんな無事で、本当に良かった。

 

今日も、そしてあの日も。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #毛糸の帽子 #オレンジ色