主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【マフラーは届くだろうか?】

https://www.instagram.com/p/Bb4gWLJD7zk/

2017年11月24日

 

数日前、ほとんど期待せずに渡してみた編みものセットだったが、なんと予想を覆して、結構な分量が編みあがっていた。もちろん試し編み程度の内容だったけれど、意外にも編み目もそこそこ綺麗に整っていて、驚いた。

 

「Hさんがやってくれたんじゃないの?」

 

と確認すると、

 

「自分で編んだのぉ」

 

と応えるので、実演してもらった。

 

手を動かすまでは半信半疑だったけれど、編み棒を細かく動かして、

 

「よくそんな隙間に通せるな」

 

と感心するほどの棒さばきをみせてくれた。

 

無論、速度は今あるべきままだけれど、それでも、その様子を見ているととても不思議だった。

 

 

──何を憶えていて何を忘れていくのか?──

 

 

母の年齢までぼくがこの世にいられたとしたら、何を記憶に残しておくのだろうか?

 

 

「あんたのセーターも私が編んだんやで」

 

母は、子供のころのぼくに編んでくれたセーターのことを思い出したようだった。

 

いやいや、マフラーでいいから、この冬に間に合わせて欲しいな。

 

できるかな?

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #編み物 #記憶