主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【或る定めを生きる】

https://www.instagram.com/p/BbEYDydDWoF/

2017年11月4日

 

Ryuichi Sakamoto: CODA──。

 

映画を公開初日に、しかも舞台挨拶までも見届けた経験は、今日が初めてだった。

 

 

──CODA──

 

 

タイトルが物語る通りの内容だと感じた。

 

かれこれ振り返れば三十余年、リアルタイムに追い続けたぼくにとっては特別なシーンは限られていたけれど、監督ご本人も舞台挨拶で仰っていたように、音の扱いがとても丁寧で、それだけでもう異次元へ誘われた。

 

スタジオ録音された音はもとより、撮影時に同録されたピアノの音の質感が、不思議と心を揺さぶる。

 

撮影に費やされたこの5年という時間は、ぼくにとっても忘れ得ない日々だ。

 

お互い遠く離れた土地で目にした情景は違えど、「命」について見つめてきたことには変わりはない。

 

人は誰しも、授けられたのか? または背負ったものか? それとも自ら選択し育んでしまったのか? 「或る定め」を生きていく。

 

望むと望まないとに関わらず、その棲家に身を置くことになった他者の定めを見つめ、ぼく自身が何を思うのか? これからの歩みを費やして感じていきたい。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン6 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #坂本龍一 #ryuichisakamoto #ryuichisakamotocoda