主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【好きにさせてあげればよかった】

https://www.instagram.com/p/BZ3m0ncjwPB/

2017年10月5日

 

今夜、家中の注意書きをすべて剥がした。

 

仮に母がここへ戻って来られたとしても、もはやこれらは役目を果たさない。

 

改めて見返すと、異様にも思える。けれど、敗血症を繰り返したり、歯が次々と折れてしまったり…そうした出来事が続いたから、とにかく必死だった。

 

でも、今思えば、それは母のためというより、自分の想いを届けたいという、至極一方的な気持ちだったことがよくわかる。

 

母とぼく、2人きりの毎日は、ときに息詰まり不安に怯えることも数えきれないほどあった。それを、こうして目に見える形で想いを表すことで、自らを解き放とうとしていたに違いない。

 

親が子を叱る

恋人同士が気持ちをぶつけ合う

子が親の注意を引きたくて言うことを聞かなくなくなる

 

 

──ぜんぶ同じこと──

 

 

もっと好きにさせてあげられなかったのか?

 

それが叶えてあげられるすべての余裕が、ぼくにはなかった。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備 #テプラ #ポストイット #注意書き #撤去