主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【母がそこに棲まう画】

https://www.instagram.com/p/BZbSm1Djece/

2017年9月24日

 

敬老の日に撮影されたと思しき写真が母の居室にあった。

 

ぼくが旅に出ている間の様子であろう。こうして画像でみるとなおさら細くなったことがよくわかる。

 

それでも相変わらず、和かな表情だ。願わくは、自分も絶えずこうありたい。

 

母を送り届けたあと、休息を確保するため直ぐに帰るつもりだったが、この隙間の時間を使って、先日候補に挙げた特養老人ホームの見学に向かうことにした。

 

同じ区内の、我が家から30分ほど車で向かった先に、いくつかの候補がまとまっている。周りの環境だけでも明るい時間帯に知っておきたかった。

 

Mapアプリを頼りに、迷うことなく次々と目的地に導かれ、外から様子を伺う。

 

 

──どれもピンと来ず──

 

 

家から一番遠い場所から当たっていき、最後は自宅最寄りの新設された場所へ。ここは先日夜中に様子を伺ったところだが、家から近いということがどれだけ大切かがよくわかった。そして電車で通うことになる家族のことを考えると、駅からの立地もとても重要だと痛感した。

 

 

「足が遠のかないように」

 

 

──母が都心の真ん中に墓を建てたのも同じ理由だった──

 

 

入所希望は、まずはここだけに絞ることにしよう。

 

本音を言えば、今、母を預けている施設に併設された特養老人ホームに受け入れてもらえることがベストなのだけれど、そこはお隣の区の管轄ゆえ区民の方が優先。審査に通る可能性が極めて低いと伝えられている。

 

でも、やはり希望だけでも出してみたい。

 

 

──母がそこに棲まう画──

 

 

それが浮かばないことには、何かがあったときに後悔するから。

 

週末、再び旅に出る前に、ケアマネージャーにその旨、伝えたい。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #特養 #入所準備