主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【すべてを変えてしまうには「一瞬」で事足りる】

https://www.instagram.com/p/BZOO1qHjq9m/

2017年9月19日

 

《WONDER WATER》3本の上演を終えてその夜に帰京し一夜明けた今日、早速、次回の珠洲でのパフォーマンスの打合せのため都心部まででた。

 

帰り道に少し寄り道したのは、六本木

 

 

──あのARK NOVAが東京にやってきた──

 

 

2011年8月、東北の震災のためにクラウディオ・アバド指揮、ルツェルン祝祭管弦楽団による《マーラー10番》の演奏をネット中継するイベントがあって、母と有楽町の東京国際フォーラムへ聴きに行ったことがある。

 

その場でこのARK NOVAのことを知り、今日は喜び勇んで向かったのだが、プレス限定の日だったらしく、内部は観られず。だが、六本木アートナイトにあわせて様々な催しがあるようなので、いいタイミングでの再訪を期したい。

 

2013年秋、アバドの来日公演が予定されていて、大ファンの母はとても楽しみにしていたのだけれど、予てからの病状が悪化してキャンセルになってしまった。

 

その翌年、母の誕生日の3日後にアバドは亡くなり、その報を受けて気が滅入ったのか、母も突然に不調を来した。

 

 

──「私より1日でもいいから長生きして欲しい」──

 

 

母が愛した世界トップクラスの指揮者は、偶然にも母と同い年。日本とイタリアという異なる土地で生まれ育ち、互いに異国の地で先の大戦を経験している。声楽家になることを夢見ていた母だったが、時代が適わず…しかし同じ時代を生きた憧れの指揮者は遠い国で夢を叶え、世界を活躍の場にしていた。

 

その愛しの指揮者の終を、知りたくはなかったのだろう。突然身体の節々が痛いと言いだし、ベッドから起き上がれなくなってしまうほどの状態に陥った。

 

振り返ると、その頃くらいから病院を行ったり来たりするようになっていった。

 

 

──あれから4年──

 

 

すべてを変えてしまうには「一瞬」で事足りると思い知らされた6年前のあの日のことを思えば、4年という時間は十分過ぎるほどながい。

 

しかし、こうして母との時間がたくさん残されていることに、今も絶えず感謝している。

 

今夜は、疲れが遅れてやってきて、母の面会にはいけなかった。明日、旅の報告をしに顔を出してこよう。

 

今日みたARK NOVAのことも。きっと、あのネット演奏会のことは、もう思いだせないだろうけれど。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #ショートステイ #入所中 #arknova #arknova2017 #クラウディオアバド #ルツェルン祝祭管弦楽団 #claudioabbado #六本木 #東京ミッドタウン #磯崎新 #kajimoto