主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【父の命日】

https://www.instagram.com/p/BXhcjbUDzCQ/

2017年8月8日

 

8月4日──父の命日。

 

昨日、数日遅れて墓前に向かった。

 

寺町だけに最寄りの便利店には線香の取扱いがあったのだが、時代の波には逆らえなくなっていた。合併され設えも新たに見慣れた店舗と化した馴染みの店では、案じた通り「売上の少ないもの」の取扱いは終了となっていた。

 

 

──困った──

 

 

と思った矢先、この界隈の酒場で出逢った某店の常連さんと遭遇。声をかけて下さった。

 

事情を話すと「家にありますからどうぞ」と言って近所のご自宅に案内していただいた。そして父の墓前にまで手を合わせていただき…ありがたいと同時に感謝の気持ちでいっぱいだった。

 

四谷荒木町に寄せられていったのは、育った街の記憶を補完するためだけではない。お酒が好きだったという父が眠る墓がそばにあるからでもあった。

 

 

──なんだか安心する──

 

 

そのお陰で、ぼくはここでたくさん甘えさせてもらっている。

 

「時間もお金も使って何になる?」

 

良識あると世間から言われる方にはそう揶揄されることだろう。

 

でもここには、そんな数や量では測れないものが、まさに数え切れないほどある。それは、この街でたくさんの人たちと触れ合わないかぎりわかるはずもないこと。

 

 

──いや、それはきっと、ぼくだけしか知り得ないことなのだろう──

 

 

父が好きだったタバコとビールを供えて、いただいた線香を焚き、短い時間で母の近況を報告した。

 

また年の瀬に。

 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #墓参り #父 #墓前