主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【みんな母さん──千羽鶴あと150羽】

https://www.instagram.com/p/BVujlMXDKWQ/

2017年6月25日

 

2色目にして最後の黄色を折り終え、あと残り3色150羽となった千羽鶴。この工程まで辿り着くと毎度安堵する。

 

夕方、コインパーキングの門限につき一晩出庫できなくなっていた車を回収して、その足で母のところへ面会にいった。ちょうど夕食の時間で、皆さんでテーブルを囲んでいた。その様子を見て、自分の保育園、幼稚園時代を思い出した。あのころ、特別そこで過ごすこと自体に何の感情もなかった。今の母もそうだといいのだけれど。

 

米を食べない母のために、今日は蕎麦を用意いただいたらしい。いつも目の前に座って下さる入居者の方の報告によると、このところは食欲もでてきてしっかり食べているという

 

──みんな母さん──

 

その母性ゆえなのか、備わった気質はいつまでも変わらないのかもしれない。

 

早々に未亡人となった母だったが、それと引き換えに孤独とは無縁になった

 

──そう、母は独り暮らしをしたことがない──

 

住み慣れた自宅を離れて久しいけれど、ここでもこうしてどなたかに気を配っていただける母は、とても幸運だ。表情もますます元気そうで何より。

 

「身体、どうしたん?」

 

ぼくが故障したことはどうやら忘れてしまったらしいけれど、それは今となっては、取るに足らないとても些細なことである。

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保険施設 #入所中 #鶴 #折り鶴 #千羽鶴 #折り紙 #おりがみ