主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【かつて当たり前だったこと】

https://www.instagram.com/p/BVkoZVcDywY/

2017年6月20日

 

健常であったことの幸運を身にしみて噛みしめるこの頃である。

 

母のレンタル・リネンの代金支払いのため、近くの便利店まで歩く

 

──往復で600メートル──

 

それだけで汗ばむほどの疲れが襲う

 

──こういうことにならないように──

 

と、素人知恵で鍛えたのが仇となりこうなっているわけだが、僅かの外出でこれだけエネルギー消費するなら、結果として目的を達成できるのかもしれない。

 

4年前、《LIVE BONE》劇場版を制作中にも古傷が再発して、母を病院に連れて行きながら傍で悶絶していたが、あのときより痛みはないのであまり心配はしていない。しかし、あの頃手元にあった有効な治療手段がいまはない(近所に、凄腕で相性のいいカイロプラクティックの先生がいらしたが、国に帰られてしまったらしい)。

 

おそらく全治には2ヶ月ほど掛かるだろうから、真夏の直前まで辛抱のときが続く(遠い目) 

 

それにしてもこのポシェット…なんとかならないものか? 40半ばにして「ポシェット」だなんて(苦笑) 

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保健施設 #入所中 #股関節痛