主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【自分のためなら料理は作らん】

https://www.instagram.com/p/BTS6X56DVd8/

2017年4月25日

 

このところ睡眠時間は少ないのに、目覚めが実に快調だ。

 

眠りの浅い周期にタイミング良く起きるからに違いない。ながらく活用している睡眠の質をモニタリングするアプリの集計データがそれを物語っている。

 

せっかく早起きしたから、まだ街も静まり返っている間に主夫ロマンティックに変身。快晴を期して布団を早々と干したあとは、料理を。

 

スパイスを油で炒めるところから始まるレッドカレー、鶏ガラスープの湧いた土鍋に放り込み蓋をして置くだけで出来上がる蒸し鶏、塩を擦り込んで1時間強じっくり煮込む塩豚角煮、そして、母から教わった、ひじき…。

 

こんなに時間をかけるつもりはなかったのだけれど、気づくと後片付けまで終わったところでほとんど4時間を費やしていた。

 

それでも不思議と疲れはない。でも、差し出す相手もいないのに作るのは何とも虚しい気分だ。

 

「自分のためなら料理は作らん」

 

そんな母の言葉を、今日もまた、独り思い出していた。

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #男の料理 #料理男子 #料理中年 #介護者卒業間近 #母 #母入院中