読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【つぼみ】

https://www.instagram.com/p/BR_N4MHjJL7/

今年もどうやら例年通り、桜のころを迎えているらしい。

 

この1週間、母の見舞いから完全に遠ざかっていた。家からもさほど離れていないし、向かえない特別な理由があったわけでもない。いや、もしかしたら、単に拒絶していたのだろうか? 繰り返される変わり映えのない会話や周りの入院患者の様子、そして何より、病院特有のあの雰囲気に耐えられなくなっていたのかもしれない。

 

その間、現実から目をそらすように、だいぶ無茶な時間を過ごしていた。はたから見たらそれこそ無為に映るのだろう。

 

しかしぼくには、何も無駄はなかった。

 

久しぶりに顔を合わせた母は、ぼくをみてなんだか嬉しそうだった──

 

「憶えていますか?」

「もちろんや! 大事な息子は忘れません」

 

この1週間に味わった時間のことをいつもの話芸を駆使して話した。

母はいつものように、ぼくが笑ってほしいところで笑ってくれた。眼に涙を浮かべるほどに。

 

先々のことを考えて、面会は、駐車場が課金されない間の僅かな時間だけにしている。帰りぎわ、「もう帰るんか?」と母に言われて思い出した。子供のころ、叔母に預けられていたぼくも、同じことを母に口にしていた。

 

手を振りながらベッドのカーテンを閉めたあと、思わず独り、苦笑を浮かべた。

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #介護者卒業間近 #母 #母入院中 #春 #桜 #蕾 #つぼみ