読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

料理中年

【その選択が許された日】

2017年5月2日 その選択が許された日──。 今日も早起きして、連休中のおかずを作りおく。 母の次の受入先が決まった翌朝に、まるで走馬灯のように記憶を呼び覚ましてくれる思わせぶりな音楽を聴きながら調理をしていたものだから、この4年と半年ほどの…

【さよなら炊飯器】

2017年4月26日 ぼくが台所を引き継いでから使わなくなった炊飯器。知人のもとへ旅立つ予定が浮上したので、動作確認をした。 できる限り汚れを落とし綺麗に身支度をして、スイッチON。炊飯器で米を炊いたのは、実に4年半振りだった。 つけ置き時間を…

【包丁1本40年】

2017年4月25日 料理を終えて、切れ味の衰えた包丁を研ぐ──。 親指の爪の上で滑らせ刃のばりを取り除いたことを確認してからバナナを切り落としてみると、実にいい切れ味。断面も美しく、舌のうでの感触も全く違う素晴らしさを体感したが、やや切れす…

【自分のためなら料理は作らん】

2017年4月25日 このところ睡眠時間は少ないのに、目覚めが実に快調だ。 眠りの浅い周期にタイミング良く起きるからに違いない。ながらく活用している睡眠の質をモニタリングするアプリの集計データがそれを物語っている。 せっかく早起きしたから、ま…

【冷蔵庫の品書き】

2017年4月6日母の不在が続くなか、作り置きおかずの品書は必要ないのだけれど…この習慣は続けていきたい。 #主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #男の料理 #料理男子 #料理中年 #介護者卒業間近 #品書 #冷蔵庫 #ホワイ…

【幸運】

2017年3月16日 久しぶりに母を見舞った──。このところ話題もなく、顔を合わせても母はぼくが持参した新聞に目を通し、ぼくは弁当を突くだけになっていたから、見舞うこと自体が苦痛だった。得体の知れない疲れにしばらく支配されていたのは、そのせい…

【バジルパスタ】

2016年4月20日 いただいたジェノベーゼ バジルペーストを使って、BankART Cafeの名物になりつつあるバジル・パスタを再現してみた ──旨い── パスタ好きの母だけに、今夜の夕食は残さずぜんぶ食べきれた。 これはもしかすると、ミキサーを手に入れてオ…