読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主夫ロマンティック

独身中年男子の介護録──母が授けてくれたこと

【自虐、世代を超えて】

https://www.instagram.com/p/BUhMsv2jzrQ/

2017年5月25日

 

5年前の秋、母が自宅で転落事故を起こして頭を強打し脳震盪に見舞われたとき、偶然に救急で運ばれた近場の病院…あれからたくさんのことがあったけれど、その病院の系列の老人保険施設に入所できたことは、とても幸運なことだ。

 

自宅からも近くて、都内の環状線近くだというのに環境もいい

 

──逃れることできない定めの時──

 

見送る側として、少しでも思い残すことのないように…この新緑の森を観ると、その願いを自ずと満たしてもらえそうな気持ちにさせてくれる。

 

「こうすけ!」

 

母がぼくの名前を選んだのは、呼びやすいからだそうだ。生家裏にあった京都・妙心寺の住職に挙げていただいた候補から、一番呼びやすそうなのを選んだらしい

 

──そんな風に、名前で呼ばれたのはいつ以来だろうか?──

 

荷物を抱えて部屋に入るなり、ダイニングの母の席から声が飛んできた。

 

入所3日目──。

 

声のトーンから察しても元気そうだ。スタッフの方も気を使ってくださり、お話ができる入所者の方たちと一緒にテーブルを囲んでいた。初日と打って変わって、とても和かな表情だった。

 

よく笑う母のいつもの表情が戻って、まずは一安心。

 

母の隣に寄って、お仲間の皆さんにお世話になっている旨、ご挨拶をすると、母はいつものようにぼくを紹介する

 

──次男です。この子が料理も何でもやってくれるの──

 

人生の大先輩の皆さんの視線が一気に集まり、お褒めの言葉を多数いただく

 

──恐縮である──

 

それを受けて、何か一言、気の利いたことを言わなくては、と思ってしまうのは、母譲りの質、というより、母から学んだ術

 

「お陰で、嫁の来手がないんですよ(苦笑)」

 

世代を超えた自虐ネタは、見事ここでも炸裂した

 

──オチを付けなきゃ気が済まない──

 

京都と大阪のハイブリッドな血のなす業かもしれない。

 

和かに穏やかに──母のように、どんなときもそうありたい。

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保険施設 #入所3日目

【セルフコントロール】

https://www.instagram.com/p/BUee3bNDWTY/

2017年5月24日

 

昨日の母の入所初日、施設から使用済みの部屋着を持ち帰ってきた。

 

業者サービスに任せてもよかったのだけれど、少しでも節約を…いや、お金の問題だけじゃない。

 

あらゆる意味でぼくの「今」が間に合っていさえすれば、母を誰かに任せずに済んだに違いない──

 

そう思うから、せめて自分にできることくらいは…洗濯なんて、機械まかせなんだから、楽なものだ

 

──乾いた部屋着にも名札を付ける…

 

入所したてでまだ話し相手も見当たらず(お話ができる状態の方が周りに少ないようだった)、ひとり退屈そうにしていた母の姿が思い浮かんだ。

 

気持ちが晴れないのは、そのせいもあるのだろうか?

 

──学んできたセルフコントロール術も、今日はあまり効果がない。

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保険施設 #入所 #洗濯物 #ユニクロ #名札 #名札付け #セルフコントロール

【教訓と還元】

https://www.instagram.com/p/BUcHmrTjdOk/

2017年5月23日

 

滑り台付き非常階段?

 

母を老人保険施設まで送り届けて、体力確認やこれまでのことについてのリスニングを済ませ、これから3ヶ月間のケアプランを作成いただいたところで今日の役目を終えた。

 

時間を見ると、到着してから3時間ほど経過している。表に出ると、眩ゆい光が、眠気と疲れを一気に呼び覚ましてくれた。

 

虚ろなまま駐車場に向かう。照りつける陽射しを確認するように空を見上げると、またひとつ、新たな発見があった

 

──こうしておかないと脱出できないよなぁ──

 

数えきれない失敗から得た教訓が積み上げられていく。

 

そろそろぼくも、母との日々から学び得たことを社会に還元していくころ。

それがどんなかたちであってもいいから。

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #老人保険施設 #入所 #非常階段 #滑り台 #避難用滑り台

【介護老人保険施設、入所】

https://www.instagram.com/p/BUcFRywjOx2/

2017年5月23日

 

「お上手ですね」

 

午前中の早い時間に母をショートステイ先まで迎えにいって、その足で今日からお世話になる老人保険施設へ送り届けた。

 

これは、森のなかにある施設の門前で車を停めて、車から降りる母を介助するぼくの様子をみていた担当のケアマネージャーからの一言。

 

誰に習ったわけでもないのに自然とこなせてしまう…これもやはり、天賦の才なのだろうか?

 

振り返れば、この4年半の間に、自分の想像と経験を超えたあらゆることをこなしてきた。それと引き換えにしてしまったことや社会的責任もあることは否めないのだが、それは追って果たしていきたい

 

──すべては可能である──

 

決して心地よいとは言い難いこの日々のなかで身を以て学んだことだ。それを信じて、未だ果たせぬままの想いを、これから大切に育んでいきたい。

 

今日の母は、予想以上に身体が動いていた。ただ、これが安定的にできるようにならないと自宅復帰はかなわない。

 

今日からまた、まずは3ヶ月。母にはリハビリを全力でこなしてもらう

 

──ぼくにとっても挑戦の日々になるだろう──

 

そのときは、必ず訪れる。

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #ショートステイ #退所 #老人保険施設 #入所

【名札付け】

https://www.instagram.com/p/BUaanvnjBnW/

2017年5月23日

 

今日から母が入所する老人保険施設には大勢の方が自宅復帰を目指してリハビリをしながら集団生活を行うため、衣類の取り間違えがないように名札を付けるよう指示されている。

 

ぼくの子供時代は、母が布切れを縫い付けてフエルトペンで名前を書いてくれていた(または、裁縫の腕を活かして糸でカタカナの名前を縫っていた)。

 

それに引き換え、今は便利なものが揃っている

 

──アイロン付けができるテプラ──

 

まもなく、母のショートステイ先まで迎えにいく。そのあと、自宅には戻らずそのまま施設へ向かう。

 

母は、何度も説明したそのことを理解できているだろうか? 幼子のように、駄々をこねないでくれたらいいけれど…。

 

──朝までスタジオの模様替えに精を出してしまった。気を付けて迎えに行こう。

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #母 #ショートステイ #今朝退所 #老人保険施設 #本日入所 #名札 #名札付け #アイロン #テプラ

【母のレシピ──鶏もも肉のケチャップ煮】

https://www.instagram.com/p/BUWuJz2DETu/

2017年5月21日

 

面会を終えてから買物に寄って帰宅すると、時間はすっかり夕飯時──

 

いつもの作りおきの前に、まずはお腹を満たそうと、母がよく作っていたケチャップで味付けした鶏もも肉のソテーを初めて再現してみた。

 

味付けは少し手を加えたが、頬張ると、とても懐かしい味が口の中に広がった。

 

今から5年ほど前、まだ母が十分に元気なうちから思っていたことがある。

 

──この味を引き継いでおきたい──

 

それがまさか…今では自分でも驚くほど才能を発揮してしまっているとは。

 

──ぼくにはいつでも、今、このとき必要なことが起こる──

 

生きていくうえで、とても大切なことを見過ごさずに済んで本当によかった。

 

すべてはやはり、母のおかげ。

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #男の料理 #料理男子 #料理中年 #鶏もも肉 #ケチャップ #ケチャップソテー #鶏肉のケチャップ炒め #キャベツ

【紫陽花のころ】

https://www.instagram.com/p/BUWsXCODYar/

2017年5月21日

 

数日後に迫った母の老人保険施設入所を控えて、今夕、ショートステイ先へ最後の面会に出かけた。

 

近親者を預ける理由は様々で、ここには色んな状態の入居者がいる。今回は、あまりお話ができない方が多かったのか、母はほどんど居室でテレビを観て過ごしているらしい。

 

それでも、車椅子に座っていられる時間が増えたようだから、少しは体力もついてきたのかもしれない。

 

しかし、日に日に表情は虚ろになっているように見える

 

──これが人に備えられた、あの世へ向かうための多幸感プログラム──

 

毎回、そう自分に言い聞かせては、今を受け容れようと努めている。

 

そんな状況で、母に想い出のアルバムを手渡したのは余計なことだったか? と案じたが、幸い、昔の写真を観るのが楽しいと言ってくれている。

 

もしかすると、これも親としての精いっぱいの気遣いなのかもしれないけれど…。

 

──すっかり夏の陽射しになった東京。

 

昨秋、ベルリンから持ち帰ったTシャツが似合う季節が近づいてきている。

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #ショートステイ #退所間近 #老人保険施設 #入所決定 #母

 

https://www.instagram.com/p/BUWsthHDuNu/

2017年5月17日

 

紫陽花は、今年も準備を整えたらしい

 

──母のショートステイ先にて。

 

#主夫ロマンティック #介護 #介護者 #在宅介護 #介護独身 #シーズン5 #kawaseromantic #介護者卒業間近 #ショートステイ #退所間近 #老人保険施設 #入所決定 #母 #紫陽花 #あじさい #アジサイ